牟岐町地域包括支援センターについて

公開日 2012年02月01日

印刷用.pdf(200KB)

 

 

高齢者が住み慣れた地域で、尊厳のあるその人らしい生活を送るためには、介護サービスをはじめ、福祉、医療、権利擁護などさまざまなサービスを、包括的・継続的に提供していく必要があります。

そこで高齢者の生活を支える総合機関として、牟岐町地域包括支援センターが設置されました。
ここでは、保健師、ケアマネージャー等が中心となって介護予防に関するマネジメントをはじめとする高齢者への総合的な支援が行われます。

公正・中立性を確保するために、地域住民や関係職員による「牟岐町地域包括支援センター運営協議会」が運営に関わるのも、大きな特徴です。

 

 

地域包括支援センターが行うおもな事業

地域の高齢者への総合的な支援(包括的支援事業)

  • 介護予防ケアマネジメント業務
    介護予防対象者の選定や介護予防ケアプランの策定を行います。
  • 総合相談支援業務
    介護保険だけではなく、さまざまな制度や地域資源を利用した総合的な支援を行います。
  • 権利擁護業務
    高齢者や障害者の人権や財産を守る権利擁護虐待防止事業の拠点として、成年後見制度の活用や虐待の早期発見・防止を進めていきます。
  • 包括的・継続的ケアマネジメント
    ケアマネージャーのネットワークの構築や、困難事例に対する助言を行います。

 

地域包括支援センター運営協議会

構成団体等

  • 行政
  • 住民団体
  • 老人クラブ
  • 医師
  • 介護サービス事務所
  • 介護保険施設
  • 居宅介護支援事業所

 

連絡先

牟岐町包括支援センター 電話72-1600

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード